“かっこいい”に着がえよう〜ユニフォームメーカーのひとりごと〜

2018年07月27日(金)

Turning Point

画像(180x135)・拡大画像(1213x910)

原田産業とベトナム現地の合弁企業である縫製工場に出向する私にとって日本人の上司とベトナム人の上司が存在します。当然、ベトナム人のBOSSとは英語でのコミュニケーションになり、日々、悪戦苦闘しております。一方的な英語でのマシンガントークに為す術もなく、肩を落とすことは日常茶飯事。


また日本人とベトナム人という価値観の違いはもちろん、さらに私とベトナム人のBOSSは親子ほど年齢が離れた大きな違いがあります。それでもビジネスを通して分かり合おうという相互理解の姿勢があるからこそ、ベトナム人のBOSSと原田産業とは数十年以上に渡って友好関係を築いてビジネスを展開してきたことは素晴らしいことだと感じています。

ではこの根底には一体、何があるのでしょうか。

1着、1着、人が地道に縫い上げる縫製ビジネスです。大きな利益を得ることができるからという単純な思いだけではきっと続かないと思います。ただ一方で互いにビジネスを始めた当初から数十年先を見越して取り組んできた訳でもないと思います。
1着、1着、人が縫い上げる縫製ビジネスのように1日、1日を大切に過ごしてきた結果、気が付けば数十年も経っていたという感覚かもしれません。

さてこれからさらに互いに発展していくために、次の大きな一歩を踏み出す時期に差し掛かってきました。これまでと同様に相互理解の姿勢を失わず、互いに尊重し合う姿勢があれば、より良い方向に進むことができることでしょう。

またこういった大きな転換期に駐在員として学ばせて頂ける環境にも改めて感謝しなければならないと思う今日この頃です。

Posted by 管理者 at 07時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月18日(水)

英語の修羅場経験

画像(180x101)・拡大画像(854x480)

今年私は学生の採用活動でリクルーターをしています。やはり当社は商社なので説明会や面談に来られる学生さんも海外志向が強い方が多いです。かなりの割合で留学経験をお持ちでTOEICのスコアも高く優秀な学生さんばかりという印象です。

一方で私は留学経験も無く英語は正直苦手ですね。しかし二年間ほど、出張中の移動時間や早朝の時間を利用して集中的に勉強し何とか人並みにはなったかなと…。しかし先月、海外のサプライヤーの方に英語でこてんぱんにやられてしまい言われたい放題でした。非常に情けない思い、悔しい思いをしました。修羅場では机上の英語は通用せず、多くの経験が必要だと感じると同時にそのような修羅場を経験し乗り越える事ができるようにすることによって、商社マンとして成長していきたいです。

そのような経験を積んでいくためにも、やはりインプット=英語の学習が無ければアウトプットも無いとも感じます。
恥ずかしながら、学生さんに負けないよう、もう一回英語を勉強し始めました。
今週、ベトナムに出張なので早速成果を試してきます!!

Posted by 管理者 at 00時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年05月08日(火)

営業冥利@グローバルゲート [その他]

画像(135x180)・拡大画像(756x1008)

愛知県名古屋駅の南方にある「グローバルゲート」という地上37階建ての高層タワーに今月本社を移転されたお客様があり、先日訪問して参りました。

このお客様の本業は物流になりますが、それ以外の事業も今後、グローバルに展開しようとするという目的で昨年10月に社名変更を行い、また国内他方面の取引先がアクセスしやすいようにと今回の名古屋駅周辺への移転に踏み切ったそうです。

さすがの新居ということで、事務所には多数のお祝いのお花「胡蝶蘭」が飾られ、清々しい気分で商談することができました。

このお客様とは、6年以上のお付き合いをさせて頂いており、弊社EX.WORKERSのオリジナルユニフォームのブルゾンジャケット、ワーキングパンツ、防寒ジャケット、ポロシャツ、帽子と一通り導入して頂いております。導入から6年以上経過した現在でも特に問題なく、従業員の皆様からも気に入って貰え着用して頂いているようです。取引先からのユニフォームの評判も大変良いとのことで、ご担当者様からは
「原田産業にユニフォームを作って貰って本当に良かった。」
と大変うれしいお褒めの言葉を頂戴いたしました。

さて、今回の社名変更や本社移転というのは周年記念と並ぶユニフォーム刷新の絶好のタイミングです。多くのお客様はこれらのタイミングで社員の気持ちを一丸とする為にユニフォームを変更するケースが多いのです。一営業マンとしてはこれを逃すわけにいきません。
「制服のデザインのリニューアルなんかどうでしょうか?」
「グローバルをコンセプトにしたユニフォームを作りませんか・・・」
などと提案してみました。しかし、ご担当者様からは
「この機能、このデザインが気に入っており、今の物を超えるのは難しいのでは?」
とのことです…。ユニフォームを刷新して頂く機会が無く残念な反面、現在のユニフォームをそこまで気に入って頂いていることに対して、営業冥利に尽きる!とも感じました。今後とも末永いお付き合いをお願いします。

これこそが、オーダーメイドユニフォーム「EX.WORKERS」の営業だと思えた1日でした。 

Posted by 管理者 at 13時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年04月02日(月)

桜と着物

画像(180x110)・拡大画像(754x462)

桜が満開となりました!

春の陽気になり桜の花も満開になりました。もうお花見に出かけましたか?私は子供達と町田付近の神社へ桜を見に行きました。しかし、やはり日本人は桜が大好きですね。私も桜が大好きです。世界的には9月が学年の始まりですが日本は4月!やはり桜が咲くこの時期に1年の始まりと終わりが有るという事に日本人であればこだわりたいと思う次第です。卒業、入学、転勤などあり、桜を背景に、その催しごとに正装しますが、最近は着物を着る人も多く見かけるようになりました。桜と着物だけで、1つの物語が出来てしまいそうぐらいマッチしますが、着物は、日本の幕末に洋服が移入して以降、「西洋服」・「洋服」と区別して、「和服」「着物」と呼ぶようになったそうです。従来の「着物」から「着る物」という本来の意味は薄れていき、「和服」という意味が濃くなっていったそうです。
また、着物は腰で着る物、洋服は肩で着る物と言われているそうです。どんな動作にも一番重要なのは腰であり、着物は腰の感覚を中心としているそうです。
なるほど!と感じました。
私達アパレルチームもお客様の場面に合わせたオリジナルユニフォームをデザインさせて頂いておりますが、デザインだけでは無く、お客様の環境に合わせた動きやすいユニフォームをご提案させて頂きます。
桜吹雪を背景に一生懸命に働いていらっしゃる方達が居る。そんなシーンにばっちりと決まる着物以上のユニフォームを作りたい、提供したいと日々思っております。今後とも是非ご相談ください。

Posted by 管理者 at 22時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月26日(月)

TAM DAO MOUNTAIN TRAIL 2017 VIETNAM

画像(180x101)・拡大画像(1601x901)

ベトナムハノイから70q離れたTAMDAOで昨年行われたトレイルマラソンに参加してきました。ベトナム北部の避暑地になります。
友人曰く、天空の城ラピュタの世界をTrailできるとのことで参加しましたが、当日は大雨で景色を楽しむ余裕はなく12時間かかりゴール。
42qでのエントリーでしたが、走行距離はなんと50q。
38q地点でエイドのスタッフから、‘あと12qだから頑張れ!’と。
いやいや、42qの申し込みだから、あと4qでしょ?と聞いた所、前日の大雨でコース変更したとのこと。早く言ってよ!!
大会Tシャツは少し派手ですが記念の1枚です。

画像(135x180)・拡大画像(1080x1440)
画像(180x101)・拡大画像(2476x1393)

Posted by 管理者 at 19時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

HOME
お問い合わせ
Ex
Versa

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

Do it. Try it. Fix it.

Do it. Try it. Fix it.

ベトナム産 さくらんぼ

ベトナム産 さくらんぼ

ベトナム交通事情

ベトナム交通事情

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
COPYRIGHT © 2012 HARADA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED